80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

LOUDNESS 『LOUD'N'RAW』

1.DESPERATION,DESECRATION
2.PRAY FOR THE DEAD
3.DOWN’N’DIRTY
4.222
5.EYES OF A CHILD
6.HOWLING RAIN
7.PARALYZED
8.SPEED KING
9.S.D.I.

1995年6月10日発売

LOUD’N’RAW

LOUD’N’RAW



「HEAVY METAL HIPPIES」を発売後、ベースに柴田直人を迎えたLive作品。

前作発売後もLiveアルバムを出してるので、「まただすの〜」って思ってました。

LOUDNESSはあまりカバー曲をやらないのですが、この作品にはディープ・パープルのSPEED KINGが入ってます。
コレは聴きごたえがあります。

この作品の注目点は明らかに、アンセム、EZOの遺伝子が入ったLOUDNESSはどうなるのだろうかと言う事だと思う。
柴田直人高崎晃の掛け合いは面白かったです。

結局このLiveが、このメンバーでのLive音源としては最初で最後です。
「エンジン」を出した後のLive音源が有れば比べることが出来て面白かったのではないかと思ってます。

またこのメンバーでのLiveも見たいですね。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 ↑↑↑
ポチっとな☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪