80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

LANCE OF THRILL 『POISON WHISKEY』

1.HERE IN MY MIND
2.DELUSION
3.RECRUIT
4.DON’T SHIT ON ME
5.QUEEN OF FAKE
6.SO TIRED
7.SUNDAY MORNING PYROMANIC
8.THE PROMINENCE
9.HIPPOS ARE BOILED
10.JUST BE HAPPY
11.SLAVERY INTO PEACE
12.POISON WHISKEY
13.I AM WALKING
14.HIBERNATION

1995年7月1日発売

POISON WHISKEY

POISON WHISKEY


土橋 宗一郎(Vo)
横関敦(G) 元ブロンクス
戸城憲夫(B) 元ZIGGY
新美俊宏Ds) 元VOW WOW

ジャンルで言えばオルタナティブ・ロックになるのでしょうね。
優秀なミュージシャンが集まったバンドの2枚目のアルバムです。

へヴィなナンバーでジェットフィンガーの異名を持つ横関敦のギターが炸裂する曲もあれば、アコースティックなナンバーもあります。

変調を多投した曲が多く、結構難解な曲が多いのも特徴ですえね。

土橋 宗一郎氏の声に関しては好き嫌いがはっきりしますね。

一般には認められにくいバンドだと思いますが、彼らのようなバンドが存在した事の意義は大きと思います。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」よろしく(^ー゚)ノ