80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

PRAYING MANTIS 『A CRY FOR THE NEW WORLD』

01. Rise Up Again (Jackson/Dangschat/Praying Mantis)
02. A Cry For The New World (Praying Mantis)
03. A Moment In Life (Troy/Troy/Peel)
04. Letting Go (Troy/Troy)
05. One Chance (Troy/Troy/Bisland)
06. Dangerous (Praying Mantis)
07. Fight To Be Free (Troy/Troy)
08. Open Your Heart (Praying Mantis)
09. Dream On (Jackson/Dangschat/Praying Mantis)
10. Journeyman (Troy/Troy/Peel)
11. The Final Eclipse (Troy/Fflounders)

1993年発売

A Cry for the New World

A Cry for the New World


Tino Troy :Guitar,Vocals
Chris Troy :Bass,Vocals
Dennis Stratton :Guitar,Vocals
Bruce Bisland :Drums
Colin Peel :Lead Vocals


N.W.O.B.H.M.の代表的なグループの1つで、トロイ兄弟にデニス・ストラットンが加わった、復活2枚目の作品。

ロディアスな曲がPRAYING MANTISの持ち味であり、そこに哀愁の有るが絡んでくる。

このアルバムは、PRAYING MANTISの持ち味を最大限生かした作品とも言えます。

美しいメロディにに泣きのギター。文句の付けようが無い作品です。

当時自分はメロディアスでへヴィーな音にこだわってたのですが、良い意味で歌謡曲のような歌メロにやられてしまいました。

コアなファンの方は、1981年発売のデビューアルバムを押すでしょうが、リアルタイムで聞いたこの作品が1番好きです。


♪CRY FOR THE NEW WORLD [vo.GARY BARDEN]

本当はColin Peelが歌ってる方がよいのですが・・・・。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」よろしく(^ー゚)ノ