80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

CHASTAIN 『THE 7th OF NEVER』


1.We Must Carry On
2.Paradise
3.It's Too Late For Yesterday
4.827
5.The Wicked Are Restless
6.The 7th Of Never
7.Take Me Back In Time
8.Feel His Magic
9.Forevermore


The 7th of Never

The 7th of Never

1987年発売の3枚目の作品。


80年代の群雄割拠するギタリスト・ブームの中、独特の個性を発揮したギタリスト、デイヴィッド・T. チャスティンのバンドです。

数多くのバンド、ソロ、セッション作品を発売している中で、このChastainというバンドは女性ヴォーカルのレザー・レオーネを加入させました。

レザーは女性とは思えないほとのパワーの有る声を聴かせてくれます。
デヴィッドに負けないで歌えるのは本当に凄いと思います。
一部では女ロニー・ジェイムス・ディオとも言われておりました。

テクニックを前面にした楽曲作りになっており、様式美を少し入れたサウンドを聞かせてくれます。

女性ボーカルが嫌いな人でもこの作品は間違いなく聞けると思います。


再発でTHE VOICE OF THE CLUTとのカップリングも出てたようです。

7th & the Voice

7th & the Voice

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
人気ブログランキングへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ