80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

Deep Purple 『Slaves And Masters』

1.King of Dreams
2.Cut Runs Deep
3.Fire in the Basement
4.Truth Hurts
5.Breakfast in Bed
6.Love Conquers All
7.Fortuneteller
8.Too Much Is Not Enough
9.Wicked Ways


Slaves and Masters

Slaves and Masters


1990年発売

ジョン・ロード(Key)
リッチー・ブラックモア(G)
イアン・ペイス(D)
ロジャー・グローバー(B)
ジョー・リン・ターナー(Vo)


ジョー・リン・ターナーのヴォーカル作品。

このアルバムは評判悪いみたいですね。

ジョーが歌う事でレインボーっぽくなってしまった事に抵抗がある人が多かったのでしょうか?

元虹さん3人+元白蛇さん2人になった事に問題があったのでしょうか?

個人的にはリッチー師匠にもう少し弾きまっくって欲しかったのですが、決して評判ほど悪い作品とは思いません。


HRアルバムとして非常にすぐれた作品だと思います。



♪King Of Dreams

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
人気ブログランキングへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ