80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

CAUGHT IN THE ACT 『Relapse Of Reason』

1.EVERYTIME
2.THROYGH THE YEARS
3.THESE EYES
4.STAND OR FALL
5.TWO HEARTS
6.STEAL ANOTHER FANTASY
7.RELAPSE OF REASON
8.THE FALL
9.NO HEROES
10.WHO WILL YOU RUN TO
11.CHANGES
12.SILENT SOLDIERS


Act 1:Relapse of Reason

Act 1:Relapse of Reason

リラプス・オブ・リーズン

リラプス・オブ・リーズン

1995年発売


ダニー・マルティネズ(b、g)
アンツ・トゥルヒロ(g、key、vo)
ジョー・マローン(b、vo)
トロイ・ベンソン(ds、b)


コロラド州デンヴァー出身の4人組のデビューアルバム。


プロデュースにあたっているのはマネージャーでもあるAXEのボビー・バース。
彼をご存知の方なら、「なるほど」と 思う作品でしょうね。


このバンドの魅力は哀愁を帯びたメロディです。

叙情性のある楽曲の完成度の高さは、素晴らしいと言う表現がぴったり来ると思います。


ヴォーカルが湿り気を帯びた声質の持ち主で、アメリカのバンドらしからぬ叙情性をもたらします。

マイケル・シェンカーの影響を感じるギターもぴったりはまります。


ロディアスHRを好きな自分には外せないグループになりました。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
人気ブログランキングへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ