80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

HELLOWEEN 『Pink Bubbles Go Ape』

01.Pink Bubbles
02.Kids Of The Century
03.Back On The Streets
04.Number One
05.Heavy Metal Hamsters
06.Going Home
07.Someone's Crying
08.Mankind
09.I'm Doin' Fine-Crazy Man
10.The Chance
11.Your Turn
12.Shit And Lobster


Pink Bubbles Go Ape

Pink Bubbles Go Ape

ピンク・バブルズ・ゴー・エイプ

ピンク・バブルズ・ゴー・エイプ


Michael Kiske - vocal
Roland Grapow- Guitar
Michael Weikath - Guitar
Markus Grosskopf - Bass
Ingo Schwichtenberg - Drums


1992年発売


KAI HANSEN脱退後の作品です。


1990年から1991年の間、バンドはNOISEとEMIによる契約問題が裁判になった為発売が遅れた作品です。


う〜ん。
恐らく15年ぶりに聴いたのですが、やはり違和感の有る作品です。
曲の半分ほどは記憶にも有りませんでした。
いかに発売当時聞き込んで無かったかと言うことですね。


『KEEPERS 〜』を聴いてファンになった自分には正直キツイ部分のある作品ですが、『KEEPERS 〜』に思い入れが無くメロディックHR/HMが好きな人には好意的に受け入れられてるようです。



♪Someone's Crying

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ
テクノラティお気に入りに追加する