80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

EUROPE 『PRISONERS IN PARADISE』

1. All or Nothing
2. Halfway to Heaven
3. I'll Cry for You
4. Little Bit of Lovin'
5. Talk to Me
6. Seventh Sign
7. Prisoners in Paradise
8. Bad Blood
9. Homeland
10. Got Your Mind in the Gutter
11. Til My Heart Beats Down Your Door
12. Girl from Lebanon
13. BREAK FREE ※
14. YESTERDAY'S NEWS ※
※日本盤ボーナス・トラック


プリズナーズ・イン・パラダイス

プリズナーズ・イン・パラダイス

Joey Tempest:Vocals
Kee Marcello:Guitars
Mic Michaeli:Keyboards
John Leven:Bass
Ian Haugland:Drums


1991年発売


前作『アウト・オブ・ディス・ワールド』とこの『プリズナーズ・イン・パラダイス』は問題作と発売当時言われてましたが、自分はその事には全く賛同できません。


前作は前作でPOPなアルバムとして良かったと思いますし、このアルバムは確かにボー・ヒルがプロデュースしてるのでアメリカンナイズされてますが、色んなタイプの曲が収められており聴き所はたくさん有りますし、EUROPEにしか出せない音は確実に存在してると思います。
タイトルチューンの『PRISONERS IN PARADISE』なんかEUROPEらしい哀愁が有って良い感じですしね。


アメリカのレコード会社が許さなかったとは思いますが、ボーナス・トラックの『BREAK FREE』『YESTERDAY'S NEWS』見たいな曲をたくさん入れてくれると、日本ではもっと評価が高くなったでしょうね。



♪Prisoners in paradise
http://jp.youtube.com/watch?v=SXatVNtQlgM


色んなランキングに参加してみたので、このブログを気に入っていただければ
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング ブログランキング【くつろぐ】
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ
ブログ王
↑↑↑
携帯でも投票できますのでよろしく(^ー゚)ノ
Add to Technorati Favorites