読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

LOUDNESS 【2・0・1・2】

  1. The Stronger
  2. 2012~End Of The Age
  3. Break New Ground
  4. Driving Force
  5. Behind The Scene
  6. Bang‘em Dead
  7. The Voice of Metal
  8. Who The Hell Cares
  9. Spirit From The East
  10. Memento mori
  11. Out Of The Space
  12. Deep-Six The Law(初回生産Bonus Tracks)
2・0・1・2

2・0・1・2

 

 2012年8月22日発売

1曲目の「The Stronger」からへヴィな作品ですが、

高崎晃氏いわく「大きく分けたら2つの世界観があって、1つはメタリックでハードにドライヴィングするタイプ、もう1つはブリティッシュ寄りのヘヴィなタイプで。」

と言うのが一番アルバム全体を言い表してるように思います。

前半で攻めて、4,5曲目で16ビート系の曲を持ってきてアクセントを加え後半はプログレッシブな感じやブリッティシュな感じを出してるですね。

ボーナストラックの「Deep-Six The Law」もブリティッシュ寄りな感じです。

また世界を目標にした意欲を感じる作品でした。

 

 


[フル] LOUDNESS「Break New Ground」(8/22発売 アルバム「2・0・1・2」より)