80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

Aerosmith【A Little South of Sanity】

Disc 1

01. Eat The Rich

02. Love In An Elevator

03. Falling In Love (Is Hard On The Knees)

04. Same Old Song And Dance 

05. Hole In My Soul

06. Monkey On My Back

07. Livin' On The Edge

08. Cryin'

09. Rag Doll

10. Angel

11. Janie's Got A Gun

12. Amazing

 

Disc 2

01. Back In The Saddle

02. Last Child

03. Other Side

04. Walk On Down

05. Dream On

06. Crazy

07. Mama Kin

08. Walk This Way

09. Dude (Looks Like A Lady)

10. What It Takes

11. Sweet Emotion

 

 

ア・リトル・サウス・オブ・サニティ

ア・リトル・サウス・オブ・サニティ

 

 1998年発売

Steven Tyler – lead vocals, harmonica, percussion

Joe Perry – guitar, backing vocals, talkbox on "Sweet Emotion", pedal steel guitar on "Rag Doll"

Brad Whitford – guitar

Tom Hamilton – bass

Joey Kramer – drums

 

ベストアルバム的なLiveアルバムです。

1998年時点までの代表曲がほとんど網羅されてます。

ロックバンドの本領発揮してる作品だと思います。

やはりエアロスミスはライブバンドなんですよね~。

自分が見たライブの中でもエアロスミスは最高のステージを見せてくれたバンドでもあります。

個人的にはゲフィン時代以前の作品を聞きこんでた思い出があるのでDisc 2を良く聞いてました。


Aerosmith - Cryin´ (a little south of sanity cut)

 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ