80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想や情報を書いてます

OZZY OSBOURNE  「Tribute - ランディ・ローズに捧ぐ」

1.I Don't Know
2.Crazy Train
3.Believer
4.Mr. Crowly
5.Flying High Again
6.Revelation (Mother Earth)
7.Steal Away (The Night)〜Drum Solo
8.Iron Man
9.Children Of The Grave
10.Paranoid
11.Goodbye To Romance
12.No Bone Movies
13.Dee (Randy Rhoads Studio Out-Takes)


3月19日がランディー・ローズの命日なのでこのアルバムを。

ランディー・ローズはリアルタイムでは聴いてません。
Ozzyを聴き始めた頃は、すでにジェイク・E・リーで、初めてLive を見たときは、ザック・ワイルドでした。

当時ランディーの命日が来るたびに、伊藤正則氏やHM系の番組で大騒ぎしてたのは懐かしい思い出です。

このアルバムが出た頃にはしっかりランディーの虜になっていたので、よく聴きいたアルバムです。

このアルバムを聴けば、ドラッグやアルコールでどうしょうもなかったOzzyを蘇らせたのは、ランディーであることが良くわかると思います。

スーパーギタリストのランディー・ローズではなく、スーパーミュージシャンのランディー・ローズだと思ってます。

彼が生きていたらHR/HM界は変わっていたでしょう。
亡くなってもまだ影響力が有るのですからね。

ただHR/HMの枠内での活動ではなかったでしょうね

Tribute

Tribute

Crazy Train TV

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ポチっとブログランキングにご協力下さい。
m(._.)m おねがい致します。