80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想や情報を書いてます

GAMMA RAY - INSANITY AND GENIUS

INSANITY AND GENIUSは1993年発売のGAMMA RAY3枚目のアルバム。

 

 

収録曲

1. Tribute to the Past 
2. No Return 
3. Last Before the Storm 
4. Cave Principle 
5. Future Madhouse 
6. Gamma Ray [Edited Version] 
7. Insanity & Genius 
8. 18 Years 
9. Your Torn Is Over 
10. Heal Me 
11. Brothers

 

メンバー

Ralf Scheepers - Lead vocals (all but 9 and 10)

Kai Hansen - Guitar, lead vocals (10)

Dirk Schlächter - Guitar, keyboards, lead vocals (9)

Jan Rubach - Bass guitar

Thomas Nack - Drums 

 

感想 

前作の反省を活かした作品で、カイ・ハンセン節が戻ってきたアルバムでラルフ最後の作品でも有ります!

リズム隊もこのアルバムから変わってます。

 

 ハロウィンの呪縛みたいなものがセカンドまでの作品では有ったように感じましたが、カイ・ハンセンが影響を受けてきたジューダス・プリーストなどのルーツ的な部分が大きく出てきてるので、すごく好きなアルバムです。

 

Tribute to the Past」「No Return」らしくてGAMMA RAYの個性でもあると思いますし、個人的には剛球一直線な「Last Before the Storm」がこのアルバムでは1番好きです。

Future Madhouse」のイントロと疾走感は心地よいですし、「Gamma Ray」バンド名がタイトルになってるカバー曲ですがこちらも良いですね。

アルバムタイトルチューンの「Insanity & Genius 」は出だしのイントロがインパクトが有りますし、「18 Years 」はラルフの歌唱力が発揮されるパワーバラードも聞きごたえが有ります。

ディルク・シュレヒターが歌うメタルナンバー「Your Torn Is Over 」そしてカイ・ハンセンが歌う「Heal Me」

 「Brothers」は初めて聞いたとき幾つかの大物さんたちの顔が浮かんだので、上手く取り入れ個性にしてるなと思ったのが懐かしいです。

 

 カイ・ハンセンに期待してる通りの作品なんで、昔からの彼の作品が好きな人は十分満足出来た作品ですね。

Spotify

 

 

 

通販

2016年に【25周年アニヴァーサリー・エディション2枚組CD】 が販売になっており、リマスターとデモとライヴ音源の2枚組になってます。

買われるならこちらをお勧めします。