80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想や情報を書いてます

Prophet - Cycle Of The Moon

ニュージャージー出身の5人組Prophetが、'88年発表した2ndアルバム

 

 

 

収録曲

01. Cycle Of The Moon
02. Can't Hide Love
03. On The Run
04. Sound Of A Breaking Heart
05. Asylum
06. Tomorrow Never Comes
07. Frontline
08. Hands Of Time
09. Hyperspace
10. Red Line Rider

 

メンバー

vo:RUSSEL ARCARA   
g:KEN DUBMAN
bs:SCOTT METAXAS   
ds:MICHAEL STERLACCI   
key:JOE ZUJKOWSKI

Producer – Randy Bishop, Spencer Proffer 

 

感想

 発売当時ものすごく好きな作品で、今でもたまに聞いてます。

 

キーボードがフィーチュアされたハード・ポップ・サウンドで、非常に聴きやすく曲は全体的にアメリカンな哀愁あふれる曲がそろってます。

ヨーロッパのバンドかな?と思わせる部分もあって、自分にとっては哀愁と言う部分が非常に重要になってくるので、このアルバムのメロディラインはまさしく自分好みでした。

 

この作品に関してはプログレの要素も強く感じる曲も多く、1曲1曲がドラマティックにもなってます。

Hyperspace」はインスト曲ですが完全にプログレですね。

 

RUSSEL ARCARAの声がキャッチーな曲が合いそうな声質でありながら、哀愁感が有るのでこのアルバムにはぴったりです。

 

メロディ重視の人には是非1度は聞いて欲しい作品です。

 

MV


prophet - sound of a breaking heart

 

 

TOWER RECORDS ONLINE だけCDの在庫が有るようです。

Amazonは中古、HMVは取り寄せでした。

 

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング