80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

VINNIE VINCENT INVASION 『ALL SYSTEMS GO』

1.Ashes To Ashes
  ツェッペリンの「移民の歌」おちょくった感じの曲ですが、カッコよいです。

2.Dirty Rythm
  ギターを押さえたポップチューンです。

3.Love kills
  Voのスローターのハイトーンを生かしたパワーバラードです。
  この曲は名曲です。

4.Naughty Naughty
  ビート感あふれるポップチューンです。

5.Burn
  ハイトーンを生かしたLA-METALって感じです。

6.Let Freedom Rock
  この曲がHRしてて一番好きです。

7.That Time of Year
  マイナーで作られた良質のLA-METALです。

8.Heavy Pettin'
  スローターの声を生かしたポップなナンバーです。

9.Ecstasy
  歌謡曲ぽい曲ですが、聴いていて気持ちのよい曲です。大空に広がる感じですね。

10.Deeper And Deeper
  ポップな感じから転調してヘヴィになるこのバンドらしい曲です。

11.Breakout
  疾走感のあるHRです。

 最後にアコウスティックナンバーで終わりです。

1988年発売

All Systems Go

All Systems Go


元KISSのVINNIE VINCENTのバンドです。
紹介するのはセカンドアルバム。

このアルバムを最後に解散してます。
Voのマーク・スローターとBのディナ・ストラムはこの後「スローター」を結成してます。スローターでは成功を収めてますね。


楽曲として素晴らしいアルバムだと思います。

ドッケン、ストライパー、ポイズン、ウォレント、TNT、ヨーロッパなどが好きな人には超お勧めです。

マイフェバリットアルバムの1枚です。



Love Kills

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 ↑↑↑
ポチっとなm(._.)m