80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

VICIOUS RUMORS 『SOMETHING BURNING』

1. BALLHOG
2. MOUTH
3. OUT OF MISERY
4. SOMETHING BURNING
5. CONCENTRATION
6. CHOPPING BLOCK
7. PERPETUAL
8. STRIP SEARCH (INSTRUMENTAL)
9. MAKE IT REAL
10. FREE TO GO


Something Burning

Something Burning


Tommy Sisco - bass
Larry Howe - DRUMS
Geoff Thorpe - guitars,vocals
Steve Smyth - guitars


1996年発売


カール・アルバートな亡くなった為ジェフ・ソープがボーカルを取ってます。
グランジとかの影響もあってか、かなりヘヴィな音が問題になった作品です。
基本的にモダン・ヘヴィネスとかグランジと呼ばれるものが自分に合わないので殆ど聴かないので、このアルバムもかなり厳しい部分は有ります。
ただそれだけで切り捨てる事が出来なのも事実で、やはり色んな所でVICIOUS RUMORSらしい感じも出てきます。


VICIOUS RUMORSで有ってVICIOUS RUMORSでない作品と言うのが自分の認識です。



色んなランキングに参加してみたので、このブログを気に入っていただければ
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング【くつろぐ】
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ
Add to Technorati Favorites