80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想中心に書いてます

OZZY OSBOURNE 『DIARY OF A MADMAN』

1. Over The Mountain
2. Flying High Again
3. You Can't Kill Rock And Roll
4. Believer
5. Little Dolls
6. Tonight
7. S.A.T.O.
8. Diary Of A Madman
9. I Don't Know (Live)

Diary of a Madman

Diary of a Madman

1981年に発売されたセカンドアルバム。

Vocal : Ozzy Osbourne
Guitar : Randy Rhoads
Bass : Bob Daisley
Drum : Lee Kerslake


Randy Rhoadsのスタジオ最後の作品。

Randy Rhoadsの繰り出す音にどれだけの人がリスペクトしているのでしょう。

間違いなく彼の才能が発揮されている作品です。

OZZYは不思議で、あの風貌からは想像できない美しいメロディーの作品を提供してくれます。
もちろん彼が組むギタリストの才能なのですが、それを探し出す事が出来るのが凄いですね。

これを聞けばなぜいまだにRandy Rhoadsの事を惜しむ人が多いのか、必ず理解できると思います。

主役はRandy Rhoadsですね。



♪I Don't Know

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
人気ブログランキングへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」投票よろしく(^ー゚)ノ