80’s METALの日々

LOUDNESSを中心に80’s METALやHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)作品の感想や情報を書いてます

SYMPHONY X  『The Divine Wings of Tragedy』

1. Of Sins and Shadows
2. Sea of Lies
3. Out of the Ashes
4. Accolade
5. Pharaoh
6. Eyes of Medusa
7. Witching Hour
8. Divine Wings of Tragedy
9. Candlelight Fantasia


1996年発売
上がオリジナルで下が再発物です。

Divine Wings of Tragedy

Divine Wings of Tragedy

Divine Wings of Tragedy (Spec) (Dig)

Divine Wings of Tragedy (Spec) (Dig)



マイケル・ロメオ(g)率いるSYMPHONY Xの3枚目のアルバム。

プログレシブでありネオクラシックである彼らのサウンドは、ドリームシアターほどプログレっぽくなくハードロックしています。

マイケル・ロメオのテクニックは凄い物があるし、他のメンバーも技術を持つ技巧派集団でもあります。

ラッセル・アレンの歌も非常にマッチしており、間違いなく傑作だと自分は思ってます。

イングヴェイを好きな方は、マイケル・ロメオも気に入るでしょうね。
ギターキッズも満足できるだろうし、シンフォニックなセンスはアメリカ人ではないような美しさが存在する素晴らしい1枚です。



♪The Divine Wings Of Tragedy (part I)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ
 ↑↑↑
「ポチっとな」よろしく(^ー゚)ノ